ドル円利上げ時期の前倒し観測が広がり6年ぶりの107円台へ
こんにちは、FX Conceptsスタッフのハヤテです。

週初め8日東京時間、前末の英世論調査でスコットランド独立の件でポンド売りが強まり、また日本の第2四半期GDP2次速報値は-7.1%に下方改定されたこともありドル円は105.20台から一時104円台へ下落。ニューヨーク時間に入り米国債利回り、特に政策金利に敏感な2年債利回りが午後になって上昇したことでドル買いが加速し2008年10月以来の106円台に上昇。一方のユーロドルは一時1.2880近辺まで下落しています。

9日東京時間、ドル円は一時106円割れもすぐに106.34レベルと5年11ヶ月ぶりの高値水準をつけています。一方のユーロドルは一時1.2867レベルまで下落。前日安値を下回り、昨年7月以来のドル高・ユーロ安となっています。ロンドン時間米10年債利回りは堅調に推移しドル円を押し上げ、ドル円は上値を106.39近辺まで一時上昇。ニューヨーク時間、ドル円は一時106.45付近まで上昇も利益確定売りに押された格好で、106円台前半まで押し戻されています。

10東京時間日経平均が一時上昇に転じ、ドル円は一時106.56レベルと2008年10月以来の高水準となっっています。 岩田日銀副総裁は講演で、2%物価維持の金融政策が潜在成長高める必要条件、としており緩和策の継続を強調していることも背景となっているようです。ロンドン時間に入ってもドル買い継続し、ドル円は2008年9月以来となる106.80近辺まで一時上値を伸ばしています。日銀や政府関係者から円安を肯定する発言が続いたことが後押ししているそうです。ロンドン時間でも米国債利回りの上昇が続いており、ドル円は107円台を狙うような動きを、一方、ユーロドルは再び一時1.28台に値を落とすなど下値模索を続けている。

11日東京時間ドル円は106.65近辺まで下押しされる場面もその後は買いが優勢。ついに107.04レベルまで上昇、2008年9月以来およそ6年ぶり高値水準となりました。さらにロンドン時間でも引き続き米早期利上げ観測や日銀の緩和継続の思惑が相場を押し上げ、過熱気味とは考えられていますがドル円は107.15近辺まで上値を伸ばしています。ニューヨーク時間黒田日銀総裁がテレビ東京の深夜の番組に生出演し、「消費税除いた実質賃金はプラスになっている。今の時点で金融調整を議論するときではない」などと述べたことで、一瞬売りが強まる場面もあったものの動きが一巡すると買戻しが入り、再度107円台に戻しています。

週末12日正午過ぎドル円は更に上昇し107.40レベルと6年来の高値水準を更新。目立ったほかの通貨では豪ドル/ドルも下落。0.9060近辺と約6ヶ月ぶりの安値水準に下落しています。ニューヨーク時間でもドル自体は底堅い動きが続き、ドル円は上値追いの流れが継続。ユーロドルは格付け会社S&Pがギリシャの格付けを「B-」から「B」に引き上げ、見通しを「安定的」にし反発もクーン・ベルギー中銀総裁の「ユーロの下落はかなり有益」との発言も重しとなり、一時1.2980付近まで反発しています。

来週のイベントですが、16日(火)に黒田日銀総裁、講演、17日(水) に今後のドル円を動きを左右する重要な米FOMC・経済予測・FRB議長記者会見18日(木)にスコットランドの独立の是非を問う住民投票が予定されています。

チャート

ホームページhttp://www.fx-concepts.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★インジケータ DLランキング ベスト5  ( 2013/8/1〜30 )
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1位 【世界基準FX〜New Balancer PRO】米国トップトレーダーが絶賛したロジック
   http://newbalancer-pro.com/


2位 【ZONE FX〜Super ROCK ON】確率的アプローチに基づくゾーントレード戦略
  http://super-rockon.com/


3位 【GANZO Binary】魔法のColor Barが魅力 バイナリーオプション・インジケータ
   http://fx-concepts.jp/ganzobinary.html


4位 【ROCK ON7】ROCK ONにNR7とDistortion計算インジケータがセット!
   http://fx-concepts.jp/rockon7.html


5位 【ON THE EDGE Premium】「ON THE EDGE」と「Android」が強力合体!
   http://fx-concepts.jp/ontheedgepre.html
2014年9月2日(火) Super ROCK ON通信
Super ROCK ON

2014年9月2日(火)のユーロ/円です。東京時間ドル円は104.79円まで堅調に推移。1月以来の高値を更新し円安の流れが加速し、ユーロ円も137.50まで上昇しています。

【エントリー例】
買いシグナル:137.02  利益確定決済:173.39
2014年8月15日(金) GANZO Binary通信
チャート

2014年8月15日(金)のユーロ/ドルです。ロンドン時間欧州株の堅調地合いを受け、序盤はユーロ買いが先行しユーロ円は137円30銭付近まで、ユーロドルは東京時間の高値を上抜け1.3390付近まで上昇もその後は反落しています。

【エントリー例】
(強)売りリバース・シグナル:1.3385  利益確定決済:1.3382
バイナリー・オプション 勝ち(判定時間10分)
ユーロ円が一時135.73まで下落し年初来安値を更新
こんにちは、FX Conceptsスタッフのハヤテです。


週初め4日東京時間ドル円は日経平均が下げからプラスに切り返すと102.50付近から102.70近辺レベルまで上昇しています。ただロンドン時間では米10年債利回りが一時2.48%台半ばまで低下したことで全般に小動きとなっています ニューヨーク時間目立つ経済指標の発表もなく全体的には様子見気分が強いものの、ドル円は一時102.40近辺まで若干値を落としています。

5日東京時間日経平均が下げ幅を100円超に広げ、ドル円は午前に102.63近辺まで上昇も、その後は102.46近辺へと下落しています。ロンドン時間、米債利回りが小幅上昇したことや独英株など主要な欧州株価指数が反発したこともあり、ドル円は102.70近辺へと同日の高値まで上昇しました。その他目立つところではこのところ弱さが目立つユーロ売りが再燃。ユーロドルは1.34台を割り込み1.3380台へと下落、ユーロ円は137.80付近から一時137.30へと下落しています。ニューヨーク時間ISM指数も強い内容だったことから、ドル円は103円を試す動きも見られ上昇も、後半になって再び米株の下落が強まったことで、再度102円台へ押し戻されています。

6日東京市場は方向感のない落ち着いた動きに終始。ロンドン時間6月ドイツ製造業受注は予想に反して前月比・前年比ともにマイナスに。イタリア第2四半期GDPも市場のプラス予想に反してマイナス0.2%となり2期連続のマイナス成長となったことで、ユーロドルは一時1.3333レベルと年初来安値を更新、ユーロ円は136.44レベルまで下落しています。ニューヨーク時間特段の材料も見当たらない中、マクロ系ファンドから大量のドル売りが持ち込まれたとの指摘や、一部には通貨先物取引で誤発注があったとの噂があるが、ドル円が102.25付近にある200日線をブレイクし、ストップを巻き込んで一時101.80付近まで一気に下落しました。

7日東京市場では102円台前半で底堅く推移も、 GPIFの運用改革で日本株の比率を現在の12%から20%超に広げる方針で調整、との報道が午後2時ごろに流れると日経平均は上げ、 ドル円も一時102.46近辺まで上昇しました。ニューヨーク時間ではウクライナ情勢の緊迫化や米政府がイラクの空爆を検討するなど、地政学的リスクが重石となっており、米株の上値が依然として重く株安・円高の動きとなっています。注目されたドラギECB総裁の理事会後の会見ではユーロ安歓迎の意思も示され、また、ウクライナ情勢によるユーロ圏経済への影響も指摘されていた。ただ、内容としてはほぼ想定通りでもユーロの売りがやや優勢となりました。

週末8日東京時間10時半にオバマ米大統領は緊急声明でイラク北部で勢力圏を拡大しているイスラム過激派に対する空爆を承認したと述べた。これを受けて日経平均は急落、地政学リスクを背景にドル円は101.58近辺と7月24日以来約2週間ぶりの安値を付け、ユーロ円は昨年11月以来の136円割れの7135,73付近まで下落しています。 ロンドン時間に入ると東京時間のリスク回避の動きは落ち着き円高の動きが一服しています。ニューヨーク時間米株の反発やウクライナ情勢でロシアが態度を軟化させて来るのではとの見方も高まったことでドル円は102付近、ユーロ円は136.90付近へ約100pipsも大幅に反発してクローズしています。

来週のイベントですが、13日(水)にGDP一次速報値、英中銀四半期インフレ報告、ダドリーNY連銀総裁、ローゼングレン・ボストン連銀総裁 講演、14日(木)にユーロ圏消費者物価指数、米週間失業保険申請件数、15日(金)にミシガン大学消費者信頼感指数(8月)などが予定されています。

チャート

ホームページhttp://www.fx-concepts.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★インジケータ DLランキング ベスト5  ( 2013/7/1〜31 )
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1位 【世界基準FX〜New Balancer PRO】米国トップトレーダーが絶賛したロジック
   http://newbalancer-pro.com/


2位 【ZONE FX〜Super ROCK ON】確率的アプローチに基づくゾーントレード戦略
  http://super-rockon.com/


3位 【GANZO Binary】魔法のColor Barが魅力 バイナリーオプション・インジケータ
   http://fx-concepts.jp/ganzobinary.html


4位 【ROCK ON7】ROCK ONにNR7とDistortion計算インジケータがセット!
   http://fx-concepts.jp/rockon7.html


5位 【ON THE EDGE Premium】「ON THE EDGE」と「Android」が強力合体!
   http://fx-concepts.jp/ontheedgepre.html
ユーロドルが年初来安値を更新し一時1.3427付近まで下落
こんにちは、FX Conceptsスタッフのハヤテです。


週はじめ21日東京時間は「海の日」のため休場です。ロンドン時間では米国のケリー米国務長官は、ロシア供給のミサイルがマレーシア機撃墜の証拠と述べたことでロシアのプーチン大統領は国際社会からの非難への防戦に躍起となっている中、国際社会からロシアへの圧力が強まる格好となっています。それでもドル円は101.20近辺に下押しも101.30台に回復しています。ニューヨーク時間やや円高の動きが見られたが、オバマ米大統領が外交的解決を目指す姿勢を示していたことで、101円台は維持しています。

22日東京時間日経平均が上昇していること、夜に発表される米消費者物価指数はFRBが目標とする2%を上回る見込みが支えとなりドル円は101.54近辺まで上昇しています。それでもウクライナや中東情勢への警戒感があり、積極的な売買はされていません。ロンドン時間ではEU外務相会合で対ロ制裁が決定されることか警戒され、ユーロ相場は各主要通貨に対して全面安。ユーロ円は137円を割り込んで136.80近辺まで下落。ユーロドルは一時1.3478レベルと今年2月3日の年初来安値まで並びました。ニューヨーク時間米消費者物価指数でコア指数が予想を下回りましたが、米中古住宅販売が予想を上回ったこともあり、ドル円は乱高下する場面も、101円台半ばを維持しています。一方のユーロドルは2月につけた年初来安値の水準も下抜け、心理的節目の1.35も割り込みました。

23日東京時間ドル円と豪ドルは逆の動きとなりました。ユーロ円の下落につられドル円は101.39近辺まで下落し、一方の豪ドルはコア指数は事前予想以上の伸びとなる2.9%と中銀が目標とする2-3%の上限に迫ったことで急騰してます。ニューヨーク時間全体的には膠着した相場となり、ドル円は101.30近辺から101.50近辺への狭い範囲の値動きとなっています。

24日東京時間では良好なHSBC中国製造業PMIを受けてドル円は101.60近辺まで上昇。ただその後は日経平均が下げに転じると101.45近辺まで下落しています。ロンドン市場目立つところではユーロドルが1.3450レベルを下回ると一時1.3438レベルまで下値を広げるも、その後は相次いでフランス、ドイツ、ユーロ圏の7月PMIが発表され、製造業、非製造業ともに予想を上回る結果が相次いだことで1.3480台まで反発して本日高値を広げています。ニューヨーク時間に入ると円相場は円安の動きが優勢。米新規失業保険申請件数が28.4万件と30万件を下回り約8年ぶりの低水準に改善。ただ新築住宅販売は予想を下回り在庫水準も悪化。それでも米株が底堅く推移する中、ドル円は101.80近辺に上昇しました。

週末25日東京時間日銀試算による消費増税分(2%)の影響を除くと1.3%と日銀が目標とする2%にはまだ遠いが、市場の目立った反応は見られず、ドル円は101.71-101.83の狭いレンジ間の動きとなりました。ロンドン時間では7月のドイツIfo景況感指数が予想を下回ったことでユーロが下落。ユーロドルは1.3470台から一時1.3440近辺まで下落しています。ウクライナ情勢が混沌とするなか、イスラエルがケリー米国務長官の停戦案を拒否するなど、引き続き地政学的リスクへの懸念が根強くリスク回避姿勢が継続。ドル円は一時101円73銭付近まで値を落としたものの下値の堅さを確認すると101円80銭付近まで値を戻す展開となっています。

来週のイベントですが28日(月)に米中古住宅販売成約指数(6月)、30日(水)に米ADP雇用者数(7月)、米FOMC、31日(木)に米新規失業保険申請件数、1日(金)に米雇用統計(7月)が予定されています。

チャート

ホームページhttp://www.fx-concepts.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★インジケータ DLランキング ベスト5  ( 2013/6/1〜30 )
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1位 【世界基準FX〜New Balancer PRO】米国トップトレーダーが絶賛したロジック
   http://newbalancer-pro.com/


2位 【ZONE FX〜Super ROCK ON】確率的アプローチに基づくゾーントレード戦略
  http://super-rockon.com/


3位 【GANZO Binary】魔法のColor Barが魅力 バイナリーオプション・インジケータ
   http://fx-concepts.jp/ganzobinary.html


4位 【ROCK ON7】ROCK ONにNR7とDistortion計算インジケータがセット!
   http://fx-concepts.jp/rockon7.html


5位 【ON THE EDGE Premium】「ON THE EDGE」と「Android」が強力合体!
   http://fx-concepts.jp/ontheedgepre.html
2014年7月17日(木) Super ROCK ON通信
Super ROCK ON

2014年7月17日(水)のポンド/円です。ロンドン時間欧州株やダウ先物の下落幅拡大に伴いドル円が101円40付近まで下落。連れて下げ渋る動きを見せていたポンドの売りが再燃。対円で173円39銭付近まで下落幅を拡大しました。

【エントリー例】
売りシグナル:173.96  利益確定決済:173.51
ドルから円へと相場の主導権が移行で全体的に円高へ
こんにちは、FX Conceptsスタッフのハヤテです。
今週はドルから円へと相場の主導権が移行で全体的に円高傾向になっています。

週はじめ7日東京時間では前週の米雇用統計の数字が良好だったことで米金利が上昇がドル買いを支えドル円は102.20近辺まで上昇しています。ロンドン時間米10年債利回りが2.63%台に低下がドル円相場を圧迫、ドル円は101.90まで、ユーロ円は138.50、ポンド円は174.50付近までそれぞれ下落しています。

8日東京時間ドル円は200日線(101.81近辺)を下抜けし、一時101.68近辺まで下落。日経平均は一時下げ幅を150円超に拡大しています。ロンドン時間には5月英鉱工業生産が予想外のマイナスとなったことや、リンデ・スペイン中銀総裁がデフレリスクが存在すると発言したことでクロス円が下落。さらにニューヨーク時間では米国債利回りも低下する中、ドル円は101.50近辺まで下落しました。

9日前日のドル売りにポジション調整され、101.70付近まで反発しています。ニューヨーク時間注目のFOMC議事録では、10月のQE終了や想定より早い利上げを求める意見も一部から出ていたことも明らかとなり、発表直後こそドル買いが強まる場面も、一方で雇用の改善や平均賃金上昇は緩やかともしており、景気支援のための政策が引き続き必要と言及。全体的にはFOMC後のイエレン会見を踏襲していた印象が強くドル円は101円台半ばにやや下落しています。

10日欧州株が大幅安となり、リスク回避ムードで円高・ドル高が優勢になりました。ポルトガル大手銀の債務問題がクローズアップされたこともあり、ドル円は101円台半ばから一時101.25近辺へ、ユーロ円は138円割れ、ポンド円は173円付近まで下落しています。ポルトガル大手銀の経営不安が高まったことでリスク回避の雰囲気が高まり、ニューヨーク時間ではドル円は一時101円を試す動きも見られました。

週末11日週末ということもあり、前日下落した欧州株が持ち直したことでリスク回避ムードが後退しています。ニューヨーク時間に入っても前日高まっていたポルトガル大手銀の信用不安が一服、米株も下げが一服していたことから円相場も小動きに留まりました。

来週のイベント予定ですが14日(月)にドラギECB総裁、議会証言、15日(火)に日銀会合・黒田日銀総裁、記者会見、イエレンFRB議長、上院銀行委員会で半期に一度の議会証言。16日(水)に中国GDP(第2四半期)、イエレンFRB議長、下院金融サービス委員会で半期に一度の議会証言17日(木)に米フィラデルフィア連銀景況指数(7月)などが予定されています。

チャート

ホームページhttp://www.fx-concepts.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★インジケータ DLランキング ベスト5  ( 2013/6/1〜30 )
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1位 【世界基準FX〜New Balancer PRO】米国トップトレーダーが絶賛したロジック
   http://newbalancer-pro.com/


2位 【ZONE FX〜Super ROCK ON】確率的アプローチに基づくゾーントレード戦略
  http://super-rockon.com/


3位 【GANZO Binary】魔法のColor Barが魅力 バイナリーオプション・インジケータ
   http://fx-concepts.jp/ganzobinary.html


4位 【ROCK ON7】ROCK ONにNR7とDistortion計算インジケータがセット!
   http://fx-concepts.jp/rockon7.html


5位 【ON THE EDGE Premium】「ON THE EDGE」と「Android」が強力合体!
   http://fx-concepts.jp/ontheedgepre.html
2014年7月10日(木) Super ROCK ON通信
Super ROCK ON

2014年7月10日(水)のユーロ/円です。ロンドン時間欧州株やダウ先物が下落幅を拡大し円買いが一段と強まり、ポルトガルの銀行の信用不安を背景にユーロの売りも入り、ユーロ円は137円78銭付近まで、ユーロドルが1.3604付近まで下押し本日安値を更新しました。

【エントリー例】
売りシグナル:138.50  利益確定決済:137.88
2014年7月9日(水) New Balancer PRO通信
チャート

2014年7月9日(水)のポンド/円です。ロンドン時間5月の英鉱工業生産が前月比で予想外の-0.7%となり、前年比は市場予想の+3.2%を下回る+2.3%だった。前月比では昨年8月以来の大幅低下となりポンド売りが優勢。対円で173円85銭付近まで、対ドルで1.7085付近まで急落するなどポンド全面安となっています。
【エントリー例】
4時間足
売りリバース・シグナル:174.82   利益確定決済:173.90
米失業率は6.1%に低下、非農業部門雇用者数は市場予想21.5万人増に対して28.8万人増
こんにちは、FX Conceptsスタッフのハヤテです。
今週はドル円は雇用統計をこなしドル買いが強まっています。

週はじめ30日東京時間は円買いがやや優勢で101.47レベルまで上昇も日経平均が一時下げに転じると一時101.24レベルまで下落し5月21日以来、約1ヶ月ぶりの安値水準となりました。ロンドン〜ニューヨーク時間は様子見ムードが強く方向性に欠け、米住宅指標は住宅市場の回復を期待させるよい内容もドル買いの反応はなく、むしろドル円は101円台前半まで下落しています。

1日東京時間日経平均は一時200円超高となりドル円は101.50台へ上昇。ロンドン時間では米金利上昇や株高を背景にドル円が上昇、101.60レベルまで上昇しました。その後ニューヨーク時間でもドル円は101.50レベルで上下しています。

2日アジア株が堅調に推移したことでドル円は一時101.65レベルまで上昇。目立ったところでは5月豪貿易収支は19.11億豪ドルと市場予想2億豪ドルと比べて予想外の大幅赤字となり、豪ドル円は96円付近、豪ドル/ドルは0.9450近辺まで下値を広げました。

3日このところ堅調な動きが続いていた豪ドルだが、スティーブンス豪中銀総裁が豪ドル高を強くけん制、さらに6月中国非製造業PMIは55.0と前回の55.5から3ヶ月ぶりの低下、5月豪小売売上高は前月比-0.5%と市場予想0.0%から下振れ。豪ドルは0.9430近辺から一時0.9370近辺、豪ドル円は96円割れから95.50近辺まで下落しました。ドル円は101.80近辺から一時102.00付近まで上昇しましたが、上値も重くその後は 101.80台に落ち着いています。 ロンドン時間では米雇用統計のイベントを前にして積極的な買いは続かず、102円を前にして足踏み状態に。ニューヨーク時間、注目された米雇用統計では、非農業部門雇用者数(NFP)は予想を大きく上回り28.8万人増に。5ヵ月連続で20万人を超え失業率も6.1%まで低下となりドル円は102円台を回復、ユーロドルは1.3600付近に下落しています。さらにECB理事会も開催され、大方の予想通り政策は据え置かれています。

週末4日前日のビッグイベントである米雇用統計のイベント終了ということと、米独立記念日のためニューヨーク市場が休場ということもあり、全体的に小動きとなっています。ドル円、クロス円共にレンジは20〜30銭程度と限定的な動きとなっています。

来週のイベントですが9日(水)に米FOMC議事録、10日(木)に豪雇用統計(6月)や英中銀政策金利、米新規失業保険申請件数などが予定されています。

チャート

ホームページhttp://www.fx-concepts.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★インジケータ DLランキング ベスト5  ( 2013/6/1〜30 )
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1位 【世界基準FX〜New Balancer PRO】米国トップトレーダーが絶賛したロジック
   http://newbalancer-pro.com/


2位 【ZONE FX〜Super ROCK ON】確率的アプローチに基づくゾーントレード戦略
  http://super-rockon.com/


3位 【GANZO Binary】魔法のColor Barが魅力 バイナリーオプション・インジケータ
   http://fx-concepts.jp/ganzobinary.html


4位 【ROCK ON7】ROCK ONにNR7とDistortion計算インジケータがセット!
   http://fx-concepts.jp/rockon7.html


5位 【ON THE EDGE Premium】「ON THE EDGE」と「Android」が強力合体!
   http://fx-concepts.jp/ontheedgepre.html